コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気量 じきりょうmagnetic charge

4件 の用語解説(磁気量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気量
じきりょう
magnetic charge

磁石磁極の強さを表わす量。磁極が互いに及ぼす磁気力の大きさにより磁気量を定める。きわめて細長い2つの棒磁石においては互いに遠いほうの反対磁極の間の力は無視できるので,近いほうの磁極間の距離を r とすれば,電気と同じように2つの点磁極が考えられ,その間にクーロンの法則による磁気力 m1m2/4πμ0r2 ( μ0 は真空の透磁率 ) が働く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐りょう〔‐リヤウ〕【磁気量】

磁石や磁性体磁極間に働く力の大きさで決められる磁荷の量。クーロンの法則に従う。この力の源である磁荷は、磁気量で測られ、単位はアンペア毎メートル(A/m)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁気量【じきりょう】

磁石の磁極の強さを表す量。クーロンの法則より与えられる。互いに等しい二つの点磁極を真空中で1m隔てておいたとき,それらの間にはたらく力が107/(4π)2ニュートンのとき,この点磁極の磁気量を1Wb(ウェーバー)とする。
→関連項目磁気モーメント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone