コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボイナ Conus geographus; geography cone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンボイナ
Conus geographus; geography cone

軟体動物門腹足綱イモガイ科。和名インドネシアアンボン島に由来する。また沖縄ではハブガイというが,これはハブのように猛毒があるためである。高 11.5cm,殻径 5.5cm。殻は薄質,螺塔は低い円錐形,体層は樽形で大きく,肩に結節列のある角がある。殻表には白色の地に紫褐色の細かい網目模様と雲状模様がある。殻口は広く,内面は乳紫色。軟体は口吻毒腺と連なる槍状の歯舌をもち,これで魚を刺殺してまるのみにする。猛毒のため,人が刺されても数時間で死ぬ。紀伊半島以南,太平洋,インド洋に分布し,潮間帯下の岩礫底にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンボイナの関連キーワードミントー(1st Earl of Minto Gilbert Elliot)東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)イギリス・オランダ戦争アンボイナ事件アンボン[島]アンボイナガイホカケトカゲアンボン事件アンボン島トレス貝類芋貝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android