アヴリル ラヴィーン(英語表記)Avril Lavigne

現代外国人名録2012の解説

アヴリル ラヴィーン
Avril Lavigne


国籍
カナダ

専門
シンガー・ソングライター

生年月日
1984/9/27

出生地
カナダ オンタリオ州ナパニー

経歴
フランス人の父を持ち、人口5000人の小さな町で生まれ育つ。小さい頃から教会でカントリーを歌い、タレント・コンテストなどに出場。ソングライターとしてデモ契約を交わしたのち、ニューヨークへ移住して楽曲を書き始める。その後L.A.リードに認められてアリスタ・レコードと契約し、1年半をかけてアルバムを制作。2002年6月シングル「コンプリケイテッド」で全米デビューし、ビルボードチャート2位を記録。ファーストアルバム「レット・ゴー」は全世界でセールス2000万枚を記録。2003年8月初来日公演を行う。2008年初の東京ドーム公演を行う。2010年はバンクーバー五輪閉会式に登場したり、大ヒット3D映画「アリス・イン・ワンダーランド」のエンディング曲「アリス」を歌った。他のアルバムに「Under My Skin」(2004年)、「ベスト・ダム・シング」(2007年)、「グッバイ・ララバイ」(2011年)など。2006年カナダの人気バンド・SUM41のデリック・ウィブリーと結婚したが、のち離婚。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヴリル ラヴィーンの関連情報