楽曲(読み)がっきょく

精選版 日本国語大辞典「楽曲」の解説

がっ‐きょく ガク‥【楽曲】

〘名〙
① 音楽の一般のこと。声楽曲、器楽曲、管弦楽曲などの総称。作曲、演奏、鑑賞などと区別していう。
※夏目漱石氏の『文芸の哲学的基礎』を評す(1908)〈田中王堂〉一「ワグネルの評論が後年彼れの光輝燦爛たる楽曲の予言となったとほり」
② 雅楽で、主として歌のない器楽だけで奏する曲の総称。曲。ごく。ごくのもの。
※歌儛品目(1818‐22頃)五「曲物 楽曲の通称なり。最も歌に対して云ふときの事とみゆ」 〔新唐書‐礼楽志・一一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「楽曲」の解説

【楽曲】がくきよく

音楽のふし。〔唐書、礼楽志十一〕(協律郎張)收、律呂正し、呂才、の聲を叶へ、樂曲に備はる。

字通「楽」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「楽曲」の解説

がっ‐きょく〔ガク‐〕【楽曲】

音楽の曲。声楽曲・器楽曲・管弦楽曲などの総称。
[類語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android