コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーチ雲 あーちぐもarcus

知恵蔵miniの解説

アーチ雲

積乱雲や積雲の下部に発生するアーチ状・弓状に見える雲のこと。ロール雲、アーカス雲、棚雲とも言う。気象用語として用いられており、雲形記号もある。アーチ雲は、不安定な大気により発達した局地的な寒冷前線に沿って生じ、激しい対流を伴って荒天となることが多い。形状は不明瞭なことが多いが、気流が荒れて激しい場合ほど明瞭な形になりやすく、巨大なUFOや龍のように見えることもある。

(2014-6-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内のアーチ雲の言及

【雲】より

…この種の絹雲は雨天になる前によく出現する。
【部分的に特徴のある雲,付随して現れる雲】
アーチ雲積乱雲の前面下部に現れる水平にのびたロール状の濃い雲で,アーチ状,弓状に見える雲。ときには積雲にも現れる。…

※「アーチ雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android