コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突風 とっぷう gust

翻訳|gust

5件 の用語解説(突風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

突風
とっぷう
gust

急に吹く強い短時間でやむが繰り返すこともある。前線の通過や積乱雲により起こることが多い。また,小規模なものは,日射により暖められた地面付近の空気によって局所的に大気の状態が不安定となり,起こることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とっ‐ぷう【突風】

突然吹きだす強風で、短時間で収まるもの。寒冷前線や雷雨などに伴って起こることが多い。疾風(はやて)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

突風【とっぷう】

疾風,陣風,早手(はやて)とも。突然吹き出す強風で,数分間続いてのち収まるもの。発達しつつある低気圧に伴う寒冷前線に多く発生し,雷やにわか雨を伴うこともある。風の息と異なる点は,変動の周期が長く,持続性が大きいこと。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とっぷう【突風】

突然強く吹く風。ガスト。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

突風
とっぷう

それまで吹いていた平均風速と比較し、突然、風の強くなる現象をいう。ほかに、はやて、迅風(じんぷう)、陣風などの呼称がある。
 アメリカではこの突然に風が変わるときの境を20秒以内とし、この場合をガストgust、20秒以上の場合をスコールsquallとよんで区別している。また突風としては毎秒8メートル以上の場合だけを考え、その場合に20秒以内に毎秒4~5メートルの風速を増せば、この場合を突風とよんでいる。
 突風は、地上を吹く風ほどおこりやすい。その原因は、〔1〕地物などによる地表の凹凸によって、地物の上空を流れる気流に機械的な乱れが生ずること、〔2〕気温および風速の垂直方向の変化率の大小によって垂直方向の気流に転倒がおこることにある。突風とは反対に風が突然、無風状態になることをラルlullまたはネガティブ・ガストnegative gustという。地物の受ける風圧はラルの状態からしだいに風速を増し、ガストの状態に達するまでの間にもっとも強くなる。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突風の関連キーワード早手疾風陣風疾風・早手早手回し・早手廻し春疾風早手回しハヤテのごとく!!フェリーはやて

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

突風の関連情報