アーメドナガル(読み)あーめどながる(英語表記)Ahmadnagar

  • Ahmednagar

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド南西部、マハラシュトラ州の都市。人口30万7455、周辺部を含む人口34万7396(2001)。ムンバイ(ボンベイ)の東約200キロメートルにある。1490年アーマド・ニザム・シャーによって建設された古都で、市内にはダムジ・マスジッドをはじめ多くのイスラム教寺院、宮殿、庭園など古い遺跡が残っている。綿織物、絹織物の取引も盛んである。[中山晴美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android