コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーモル Āmol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーモル
Āmol

イラン北部,マーザンダラーン州中部の都市。カスピ海に近く,エルブールズ山脈北麓,ハルハーズ川岸にあり,夏季の避暑地になっている。オレンジ,米の産地であり,付近に石炭鉱,鉄鉱もある。モンゴルチムールに破壊され,地震で廃虚となった古代遺跡や,イマーム・ザーデ・ミール・ボゾルグのモスクがある。人口 13万 9923 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアーモルの言及

【タバレスターン】より

…政治的に重要でなかったため,イスラム化は旧ササン朝領で最も遅く,他地方がアラブに征服されてから1世紀以上もたった8世紀半ばまで独立を保っていた。アッバース朝後期にはアーモルĀmol,ターヒル朝下ではサーリーSārīが主都であった。9世紀にターヒル朝の支配下に入り,13世紀にモンゴルの侵入を被り,15世紀にはティムール朝の版図に入った。…

※「アーモル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アーモルの関連キーワードニザーミーヤ学院グハセム レザエタバレスターンマルアシーアーモル手

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android