夏季(読み)なつき

精選版 日本国語大辞典の解説

なつ‐き【夏季】

〘名〙
① 夏の季節。夏の期間。夏。かき。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「夏季(ナツキ)三ケ月御費しに相成候火薬」
② 江戸時代、奉公人の春の出替り(三月五日)から秋の出替り(九月五日、元祿八年からは九月一〇日)までの半年季。秋から春の出替りまでを冬季(ふゆき)という。
※浮世草子・好色一代女(1686)四「我夏季(ナツキ)より奉公をやめて、難波津や横堀のあたりに小宿をたのみて」

か‐き【夏季】

〘名〙 夏の季節。
※俳諧・去来抄(1702‐04)故実「五月晦(つごもり)なれば、夏季に定めて」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「夏季の休業で書生が帰郷(かへ)った迹」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐き【夏季】

夏の季節。「夏季施設」

なつ‐き【夏季】

夏の季節。かき。
江戸時代、1年2季と定められた奉公の期限で、春の出替わりから秋の出替わりまでの半年季。明暦の大火以後は3月5日から9月4日までを夏季とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android