コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏季 カキ

デジタル大辞泉の解説

か‐き【夏季】

夏の季節。「夏季施設」

なつ‐き【夏季】

夏の季節。かき。
江戸時代、1年2季と定められた奉公の期限で、春の出替わりから秋の出替わりまでの半年季。明暦の大火以後は3月5日から9月4日までを季とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かき【夏季】

夏の季節。夏。 「 -国体」

なつき【夏季】

夏の季節。かき。
江戸時代、春の出替わりから秋の出替わりまでの半季の奉公期間。 「我-より奉公をやめて/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏季の関連キーワード共同通信社杯プレミアムカップオートレースローマ歌劇場カラカラ浴場オペラ公演中南森林公園オートキャンプ場信州安曇野のりんごジュースサンタプレゼントパーク信州のぶどうジュースチャーン・チャイヨー上越国際プレイランドフーニウ・ラーラーミッドナイトサン足柄ヴァイツェンひめじ手柄山遊園サマースクールメスジャケットデフリンピック北太平洋高気圧水まんじゅうイーグルサムサマースキーフアンフアン

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏季の関連情報