夏季(読み)カキ

  • なつき

デジタル大辞泉の解説

夏の季節。「夏季施設」
夏の季節。かき。
江戸時代、1年2季と定められた奉公の期限で、春の出替わりから秋の出替わりまでの半年季。明暦の大火以後は3月5日から9月4日までを季とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

夏の季節。夏。 -国体
夏の季節。かき。
江戸時代、春の出替わりから秋の出替わりまでの半季の奉公期間。 我-より奉公をやめて/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 夏の季節。
※俳諧・去来抄(1702‐04)故実「五月晦(つごもり)なれば、夏季に定めて」
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「夏季の休業で書生が帰郷(かへ)った迹」
〘名〙
① 夏の季節。夏の期間。夏。かき。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「夏季(ナツキ)三ケ月御費しに相成候火薬」
② 江戸時代、奉公人の春の出替り(三月五日)から秋の出替り(九月五日、元祿八年からは九月一〇日)までの半年季。秋から春の出替りまでを冬季(ふゆき)という。
※浮世草子・好色一代女(1686)四「我夏季(ナツキ)より奉公をやめて、難波津や横堀のあたりに小宿をたのみて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏季の関連情報