コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏季 カキ

デジタル大辞泉の解説

か‐き【夏季】

夏の季節。「夏季施設」

なつ‐き【夏季】

夏の季節。かき。
江戸時代、1年2季と定められた奉公の期限で、春の出替わりから秋の出替わりまでの半年季。明暦の大火以後は3月5日から9月4日までを季とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かき【夏季】

夏の季節。夏。 「 -国体」

なつき【夏季】

夏の季節。かき。
江戸時代、春の出替わりから秋の出替わりまでの半季の奉公期間。 「我-より奉公をやめて/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏季の関連キーワード共同通信社杯プレミアムカップオートレースローマ歌劇場カラカラ浴場オペラ公演中南森林公園オートキャンプ場信州安曇野のりんごジュースサンタプレゼントパーク上越国際プレイランド信州のぶどうジュースチャーン・チャイヨーミッドナイトサンひめじ手柄山遊園足柄ヴァイツェンデフリンピックサマースクールイーグルサムサマースキー水まんじゅう冷蔵庫の日ウォラシー信濃夕涼みアーシャン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏季の関連情報