アールスホット(英語表記)Aarschot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アールスホット
Aarschot

ベルギー中部,ブラバント州北東部の都市。アルデンヌ高原の縁辺部に位置し,ローマ時代の兵営地から発展して,中世には織物業中心地となった。市街部に接して,植木・苗木園,アスパラガス畑,養鶏場など集約的土地利用が行われている。醸造業,ブラシ製造業,大理石加工業などが立地。ゴシック様式のノートル・ダム聖堂,1360年建設のギルドハウスの塔などがある。人口2万 6020 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android