植木(読み)うえき

  • うえき うゑ‥
  • うえき うゑき
  • うえき〔うゑ〕
  • 姓氏

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊本県中部,熊本市北部の旧町域。熊本平野北部に位置する。1889年町制。1955年山東村,桜井村,菱形村,田原村,山本村,吉松村の 6村と合体。1969年田底村を編入。2010年熊本市に編入。中心地区の植は江戸時代に豊前街道宿場町として発達。在来の漬物工場のほか電機部品などの工場がある。周辺の畑地ではクリのほか,スイカ,メロン,野菜を栽培し,養豚も行なわれる。西部西南戦争の激戦地田原坂があり,頂上は公園になっている。
福岡県部,直方 (のおがた) 市北部の地区。旧町名。 1955年直方市に編入。犬鳴川が遠賀川に合流するところにあり,対岸の木屋瀬 (こやのせ) と対向集落をなす宿場町として発展。水運の便に恵まれ,犬鳴川流域一帯の米,ハゼの実,石炭などの物資集散地としても栄えた。鉄道の開通によって水運は微したが,石炭採掘に伴い活気を呈した。しかし 1950年代に始った石炭産業の斜陽化により,全炭鉱が閉山した。 JR筑豊本線の筑前植木駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 生えている木。
※万葉(8C後)二〇・四四九五「うちなびく春ともしるく鶯は宇恵木(ウヱき)の樹間(こま)を鳴き渡らなむ」
② 庭や鉢などに植えてある木。また、植えるための木。特に、観賞用に植える木。
※源氏(1001‐14頃)乙女「もとの山にもみぢの色濃かるべきうへ木どもをそへて」
※徒然草(1331頃)一五四「この間うゑ木を好みて、異様に曲折あるを求めて目を喜ばしめつるは」
[語誌](1)古い時代は「枯木」に対する「うゑき」で、山野に生えている木一般をさす。古辞書の表記が「樹」であることもこれを示している。
(2)②に挙例の「徒然草」例が今日の用法に近い、早い時期のものである。徳川幕府の職制の「樹奉行」の名称が正徳年間(一七一一‐一六)に「植木奉行」と改められたこと、「書言字考節用集」には「樹木」の他に「植木」の表記が見られることなどから、遅くともこの時期までに、自然に生えている木とは別のものという認識が一般化したものと思われる。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植木の関連情報