コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーロン バデリー(英語表記)Aaron Baddeley

現代外国人名録2012の解説

アーロン バデリー
Aaron Baddeley


国籍
オーストラリア

専門
プロゴルファー

生年月日
1981/3/17

出生地
米国 ニューハンプシャー州

経歴
14歳でクリケットからゴルフに転向。15歳の時、所属するオーストラリア・ビクトリア州のクラブ選手権でコース記録をマークして優勝。1998年世界ジュニア2位のほか、多くのジュニア大会で優勝。’99年11月全豪オープンでアマチュアとして39年ぶりに優勝し、同大会の最少年優勝記録も塗り替える。2000年4月アマチュアとして24年ぶりに特別推薦でマスターズに出場。同年11月プロに転向し、日本ツアーの住友VISA太平洋マスターズでデビュー。同月全豪オープンで10代選手として初の2連覇を達成。2001年オーストラリアツアーの賞金王に輝いた。しかし、プロになってからは長いシーズンを戦い抜くための体力不足で、結果を残せなかった。トレーニングを積み、2006年ベライゾンヘリテージで米国ツアー初勝利。2007年FBRオープンでツアー2勝目、2011年ノーザントラスト・オープンでツアー3勝目を挙げる。183センチ、79キロ。米国国籍も持つ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

アーロン バデリー
Aaron Baddeley
ゴルフ

プロゴルファー
生年月日:1981年3月17日
国籍:オーストラリア
出生地:米国ニューハンプシャー州
経歴:14歳でクリケットからゴルフに転向。15歳の時、所属するオーストラリア・ビクトリア州のクラブ選手権でコース記録をマークして優勝。1998年世界ジュニア2位のほか、多くのジュニア大会で優勝。’99年11月全豪オープンでアマチュアとして39年ぶりに優勝し、同大会の最少年優勝記録も塗り替える。2000年4月アマチュアとして24年ぶりに特別推薦でマスターズに出場。11月プロに転向し、日本ツアーの住友VISA太平洋マスターズでデビュー。同月全豪オープンで10代選手として初の2連覇を達成。2001年オーストラリアツアーの賞金王に輝いた。2003年より米国男子プロツアー(PGA)に参戦。2006年ベライゾンヘリテージで米国ツアー初勝利。2007年FBRオープンでツアー2勝目、2011年ノーザントラスト・オープンでツアー3勝目を挙げる。米国ツアー通算3勝。欧州ツアー通算2勝。183センチ、79キロ。米国国籍も持つ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android