マスターズ(英語表記)Masters, Edgar Lee

  • 1868―1950
  • Edgar Lee Masters
  • Masters

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1868.8.23. カンザス,ガーネット
[没]1950.3.5. ペンシルバニア,フィラデルフィア
アメリカ合衆国の詩人。ノックス大学に 1年学んだのち父のもとで法律を学び,シカゴで弁護士を開業。第一作の詩集『詩の本』A Book of Verses (1898) 以来,1911年頃までに 10冊に及ぶ詩集を発表したが認められなかった。1915年に『スプーン・リバー詞華集』Spoon River Anthologyを発表,一躍名声を博した。これは,中西部の架空の町スプーン・リバーの墓地に眠る死者たちがそれぞれ過去を語る形式の自由で,その鋭い批判精神は S.アンダーソンらに多大の影響を与えた。ほかに評伝『人間リンカーン』Lincoln the Man (1931) ,自伝『スプーン・リバーのかなた』Across Spoon River (1936) ,詩集イリノイの詩』Illinois Poems (1941) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

世界各国の有力選手を招待して、毎年米国のオーガスタで行われるゴルフ競技会。1934年創設。全米オープン全米プロゴルフ選手権全英オープンとともに世界四大競技会の一。マスターズトーナメント
国際的なスポーツ大会の一。参加資格は原則として30歳以上。4年に1回、IMGA(国際マスターズゲームズ協会)の主催で行われる。第1回は1985年にカナダトロントで開催。ワールドマスターズゲームズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

米国の詩人。弁護士をしつつ詩作を続けるうち,地で死者たちが中西部の貧しい生活を語る《スプーン・リバー詞華集》(1915年)で名声を得,その後も多くの詩や伝記を書いた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1868‐1950
アメリカの詩人。カンザス州に生まれ,イリノイ州で育った。父の法律事務所で法律を勉強し弁護士を開業したが,独学で古典語を研究し,詩人となった。詩集としては1915年の《スプーン・リバー詞華集》(1916改訂版)が有名である。この詞華集は,中西部の架空の小さな町を背景にして,243名の死者がそれぞれの墓から,生前の生活の本質的な特徴を秘密も含めて語るという趣向になっている。これらのいわば墓碑銘が物語る主人公の中には,敬虔なキリスト教徒もいれば,無神論者売春婦もいるといったぐあいで,それぞれの人生を,ときにリアリスティックな言葉で,またときに高度な隠喩を盛ったスタイルでつづりながら,人生の普遍的なさまざまな面を描き出している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの詩人。最初法律を学びシカゴで弁護士を開業したが、文学への情熱は絶ちがたく、独学でラテン語、ギリシア語を学び、哲学やイギリス文学に親しみ、そして1898年には最初の詩集を出版した。彼を一躍有名にしたのは『スプーン・リバー詞華集』(1915、改訂版1916)である。アメリカ中西部の架空の町スプーン・リバーの墓地に眠る240名ほどの死者たちが、それぞれに自分の過去を語るという設定のもとに、自由詩の形式で因襲的な田舎(いなか)町の生態を容赦なく描くこの長詩は、リアリズム文学の傑作として脚光を浴び、S・アンダーソンやS・ルイスの先駆となった。しかし彼がその前後に出版したおびただしい詩集はいずれも世間の注意をひくことができず、わずかに『人間リンカーン』(1931)でアメリカの自由をリンカーンがだいなしにしてしまったと論難して評判になった。

[酒本雅之]

『衣更着信訳『世界名詩集大成11 スプーン・リヴァ詞華集(抄)』(1959・平凡社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1915年12月27日
アメリカの性科学者
2001年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Masters)
① ゴルフの世界四大競技会の一つ。招待された世界の有力選手によって、毎年アメリカのオーガスタで行なわれる。マスターズトーナメント。
② 中高年のための国際スポーツ大会。男子は三五歳、女子は三〇歳以上、五歳刻みの年齢別で行なわれる。ワールド‐マスターズ‐ゲーム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マスターズの関連情報