コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェラチッチ Josip Jelačić

世界大百科事典 第2版の解説

イェラチッチ【Josip Jelačić】

1801‐59
ユーゴスラビア北部,クロアチアの総督(バン)。青年時代から親オーストリア的であったが,南スラブ族の統一を唱えるイリュリア運動にも参加。1848‐49年の革命期に,オーストリア皇帝からクロアチア総督に任命された。民衆の支持を得るため封建的諸関係の廃止を宣言する一方,ウィーン保守派の影響を受け,ハンガリー革命鎮圧のために進軍。ウィーンでも,クロアチア兵は〈赤マント〉の反革命軍として恐れられた。見返りとして,ダルマツィアリエカの併合を承認された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイェラチッチの言及

【48年革命】より

…スロバキア人やセルビア人の農奴はマジャール人(ハンガリー人)の地主に対して蜂起を起こしていたし,トランシルバニアのルーマニア人も農奴制の廃止,ルーマニア語の使用を求めてハンガリーに敵対していた。クロアチアにおいてもマジャール人地主に対する農民の反感は強く,クロアチア人の総督となったイェラチッチは一方で農民たちの蜂起を抑えながらも,他方でハンガリーからの独立をめざし,そのために皇帝からの命を受けセルビア・クロアチア軍を指揮して革命ハンガリーを攻撃した。こうしてどこにおいても社会問題が民族運動に深くからみ合い問題は錯綜していた。…

※「イェラチッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イェラチッチの関連キーワードイェラチッチ広場イリツァ通り

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android