民衆(読み)ミンシュウ

大辞林 第三版の解説

みんしゅう【民衆】

国家・社会を形づくっている一般の人々。多く官や国家に対していう語。人民。庶民。大衆。 「 -政治家」 「 -の支持を得る」 〔類義の語に「大衆」があるが、「大衆」は社会の大多数を占める、特定の階級・立場に属さない一般的な勤労階級の人々の意を表す。それに対して「民衆」は国家や社会を構成する、被支配階級としての普通の人々の意を表す〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みん‐しゅう【民衆】

〘名〙 国家や社会を構成している多くの人々。多く、被支配階級としての一般大衆をさしていう。衆民。
※国会論(1888)〈中江兆民〉「領土の広き民衆(ミンシウ)の蕃けき事業の繁げき如何に縝密なる法制有りと雖も」 〔国語‐越語下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民衆の関連情報