コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェントナイト yentnite

岩石学辞典の解説

イェントナイト

最初スプルは粗粒のグラニトイド岩で,一次的なスカポライト,斜長石,黒雲母を含む岩石として命名したが[Spurr : 1900],その後スカポライトは石英であるとして単に含石英閃緑岩と改訂した[Spurr : 1908].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android