コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカリナマコ いかりなまこ

1件 の用語解説(イカリナマコの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イカリナマコ
いかりなまこ / 錨海鼠

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱イカリナマコ科に属する海産動物の総称。ナマコ類の分類は、体表に散在する小骨片の形態差に基づいて行われるが、このグループのものはすべて錨(いかり)の形をした小骨片をもっている。各骨片は先端部が体表に突出しているため、触ると体表がざらざらした感じがする。代表的な種としては、干潟の泥の中に普通にみられる体長十数センチメートル、径5ミリメートルぐらいのヒモイカリナマコや、体長3メートルに達するサンゴ礁産のオオイカリナマコがある。食用にする種はない。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイカリナマコの言及

【ナマコ(海鼠)】より

… 体壁中には微小な石灰質の骨片が多数埋まっているが,その形には,いかり形,ふるい形,やぐら形,車形などいろいろある。ふつうは肉眼で見えないが,イカリナマコの類では,いかり形の骨片の先端が皮膚の外にでていて,これで他物に鉤着(こうちやく)する。一方,深海生のユメナマコには,これらの骨片がまったくない。…

※「イカリナマコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イカリナマコの関連情報