コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガミ いがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イガミ
いがみ

硬骨魚綱スズキ目ブダイ科の別名。イヌなどが歯をむき出して争う様をいがむと言い、ブダイ類を釣り上げたときに上下両あごの歯が露出し、顔つきが怒っているようにみえるのでこの名がある。主として関西、高知、東海地方の呼び名。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイガミの言及

【ブダイ(武鯛)】より

… ブダイ亜科の代表はブダイCalotomus japonicus(イラスト)だが,中部以南に分布し,南日本に多い。この名は関東近辺の呼名で,関西では,歯をむき出した口の形が意地悪い印象を与えるせいか,イガミ,エガミなどと呼ばれる。また九州では海藻を好んで食べる習性からモハミ,モハンと呼ぶ。…

※「イガミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イガミの関連キーワード武鯛・不鯛

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android