高知(読み)こうち

精選版 日本国語大辞典「高知」の解説

こうち カウチ【高知】

(河川の間にあったところから、高知城をもと「こうちやま(河中山・河内山)」と称したが、水害の多いのを忌んで、「高智・高知」の字に改めたのによるといわれる)
[一] 高知中東部の地名土佐湾奥の浦戸湾に面し、鏡川貫流安土桃山時代に、長宗我部氏が高知城を築城し、江戸時代には山内氏二〇万石の城下町として発展。JR土讚(どさん)本線が通じる。桂浜、五台山の景勝地がある。明治二二年(一八八九)市制。県庁所在地。

こう‐ち カウ‥【高知】

〘名〙 たくさんの知行(ちぎょう)。高祿(こうろく)
※仮名草子・智恵鑑(1660)一「只一度よき働(はたらき)したるなどとて、いつもかくあらんかとおもひ、高知(カウチ)をあたへたっとむべき事にあらず」

たか‐し・る【高知】

〘他ラ四〙 (「たか」は高大の意でほめことば)
① 立派につくり構える。
※古事記(712)上「高天原に氷木(ひぎ)多迦斯理(タカシリ)(此の四字は音を以ゐる)て居れ」
② 立派におさめる。立派に統治する。
※万葉(8C後)六・九三八「吾が大王の 神ながら 高所知(たかしらせ)る 稲見野の」
③ 高く盛りあげる。
※延喜式(927)祝詞・祈年祭(九条家本訓)「(みか)のへ高知(タカシリ)(みか)の腹満(み)て双(なら)べて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android