コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合 おちあい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

落合
おちあい

岡山県北部,真庭市南部の旧町域。旭川中流域,吉備高原久世盆地からなる。 1897年町制。 1955年津田村,木山村,美川村,河内村,川東村の5村と合体。 2005年北房町,勝山町,湯原町,久世町,美甘村,川上村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。中心地区の落合は旭川とその支流備中川との合流点付近に位置し,古くは旭川の高瀬舟による水運の河港で街道の交点,木山寺や木山神社の門前町でもあった。現在は JR姫新線,国道 313号線,中国縦貫自動車道が通じる交通の要地で,周辺地域の商業の中心地。北部のトラフダケ自生地は国の天然記念物。南部の旭川沿いは吉備清流県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おちあい【落合】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

落合の関連情報