イギリス国立宇宙センター(読み)イギリスこくりつうちゅうセンター(英語表記)British National Space Center; BNSC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説

イギリス国立宇宙センター
イギリスこくりつうちゅうセンター
British National Space Center; BNSC

イギリスの民生宇宙活動を指揮し,かつ将来計画を策定するために 1985年に設立された機関。貿易産業省,国防省,科学工学研究会議,自然環境研究会議を含む,政府の各機関の民生宇宙計画を統合する。本部ロンドン。イギリスの宇宙計画の大部分ESA (ヨーロッパ宇宙機関) を介して行なわれ,BNSCの年間予算の約 80%が充当される。残りはラザフォード・アップルトン研究所 (RAL) の宇宙科学計画,国立リモートセンシングセンター (NRSC) の地球観測計画などに用いられる。 ESAの開発計画の中でヘルメス,アリアン5型への参加は断念したが,コロンブス計画には極軌道プラットフォームの開発で参加する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android