コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イク族 イクぞくIk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イク族
イクぞく
Ik

ウガンダ北東部から南スーダン南東部にわたる山岳地帯に住む狩猟採集民。テウソ族 Teusoともいう。言語は類縁言語が見出せず,最も近いのはエジプト中王国時代の古代エジプト語という説がある。小集団で流動的な野営生活を営み,その成員はしばしば変更する。家族,親族の結びつきは弱い。1962年に主たる狩猟地であったキデポ渓谷が国立公園に指定され,狩猟が禁止された結果,農業の導入がはかられたがうまくゆかず,深刻な社会崩壊を起こした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イク族の関連キーワードブルック(Peter Stephen Paul Brook)ピーター ブルックアルタイ語系諸族カルムイク文字オイラートドロボ族

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android