イシドール(英語表記)Isidor

世界大百科事典 第2版の解説

イシドール【Isidor】

1385ころ‐1464
モスクワ府主教。ギリシア人東方正教会にあってローマ教会との合同を推進した人文主義者。イシドロスともいう。フェラーラ・フィレンツェ公会議で合同派として活動し,1441年,モスクワでロシア教会のローマ教会との合同を宣言した。しかしそれに反対するモスクワ大公ワシーリー2世によって投獄,罷免された。脱走してポーランドの正教会の合同工作に当たり,のち教皇使節として陥落寸前のコンスタンティノープルに赴任した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android