コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシドール Isidor

世界大百科事典 第2版の解説

イシドール【Isidor】

1385ころ‐1464
モスクワ府主教。ギリシア人東方正教会にあってローマ教会との合同を推進した人文主義者。イシドロスともいう。フェラーラ・フィレンツェ公会議で合同派として活動し,1441年,モスクワでロシア教会のローマ教会との合同を宣言した。しかしそれに反対するモスクワ大公ワシーリー2世によって投獄,罷免された。脱走してポーランドの正教会の合同工作に当たり,のち教皇使節として陥落寸前のコンスタンティノープルに赴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イシドールの関連キーワードフェラーラ・フィレンツェ公会議ジョフロア・サン=ティレールブロニスワフ フーベルマンコンスタンティヌスの定めジェフリー ジョーンズ偽イシドール教令集イシドルス偽文書ニキタ マガロフ戦争(war)イシドルス神戸 絢教皇領ラービ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android