コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合同 ごうどうcongruence

翻訳|congruence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合同
ごうどう
congruence

初等幾何学,整数論などで使われる術語である。 (1) 初等幾何学での合同 2つの図形 F1F2 が,運動によって,ちょうど重ね合せられるとき,F1F2 は合同であるという。2つの三角形が合同になる条件は,(a) 1辺とその両端の角が等しいとき,(b) 2辺とそれらによってはさまれる角が等しいとき,(c) 3辺が等しいときである。 (2) 整数論での合同 2つの整数 ab があって,abm で割切れるとき,abm を法として合同 (または,ab に modm で合同) であるといい,記号で ab(modm) と書く。このような式を合同式という (→剰余類 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐どう〔ガフ‐〕【合同】

[名](スル)独立している二つ以上のものが一つになること。また、一つに合わせること。「二社が合同して計画した事業」「日中合同登山隊」
[名・形動]数学で、二つの図形が重ね合わせることのできる関係にあること。図形Aと図形Bが互いに合同であるとき、記号≡を用いてA≡Bと書き表す。「合同三角形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

合同【ごうどう】

(1)幾何学では,二つの図形A,Bを移動によって重ね合わすことができるとき,AとBは合同であるといい,A≡Bと書く。(2)整数論では,二つの整数a,bの差が整数mで割り切れるとき,aとbはmを法(モデュラス)として合同であるといい,a≡b(mod m)と書く。
→関連項目相似(数学)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうどう【合同 congruence】

数学用語。
[整数の合同]
 二つの整数a,bの差abが整数n(≠0)で割り切れるとき,abとはnを法(モデュラスmodulus)として合同であるといい,ab (mod n)またはmodを略して,ab (n)と書く。例えば101≡2 (11)である。ab (n),cd (n)ならば,a±cb±d (n),acbd (n)であるので,法nを固定した場合,合同式は等式と同様に辺々加えたり,辺々掛けたりできる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごうどう【合同】

( 名 ) スル
二つ以上の物が合わさって一つになること。また、一つにすること。 「保守系の二党が-する」
〘数〙
二つ以上の図形が、形と大きさにおいて全く同一で、重ね合わせ得ること。
整数論で、二整数 a b の差が整数 m で割り切れる時、 a b m を法として合同であるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合同
ごうどう

二つの図形の間の関係を表す用語の一つ。また、二つの整数の関係を表すときに用いられることもある。[柴田敏男]

図形の合同

二つの図形の一方を移動することによって両者がまったく重なり合うとき、二つの図形は合同であるという。ここで、移動とは、平行移動、回転移動、線対称移動の3種の移動と、これらを繰り返してできる移動である。空間図形の場合には面対称移動がこれに加わる。
 平面図形の基本は三角形であるが、二つの三角形が合同となる条件は三つある。辺角辺の合同、角辺角の合同、辺辺辺の合同の三つである。
(1)辺角辺の合同とは、二つの三角形の対応する2辺とその挟む角がそれぞれ重なることで、二辺夾角(きょうかく)の合同ともいわれる。
(2)角辺角の合同は、対応する二つの角とその頂点の間の辺がそれぞれ重なることであり、三角形の内角の和は180度であるから、2角がそれぞれ等しければ残りの角も等しくなり、したがって、二角一辺の合同ともいう。
(3)辺辺辺の合同は、対応する3辺がそれぞれ等しいことで、三辺の合同ともいう。
 これらの合同条件を基礎として平面図形のいろいろな性質、定理が導かれる。平面幾何を公理的に構成するときには、三つの合同条件のうち、辺角辺の合同は公理の一つであり、他の公理も用いることにより残り二つの合同条件は定理として証明される。一方、面積や体積を考えるとき、「合同な二つの図形は等積である」ことが計量の一つの基礎である。二つの図形A、Bが合同であることを記号A≡Bで表す。[柴田敏男]

整数の合同

一つの正の整数mを定めるとき、二つの整数a、bの差がmで割り切れるならば、この二つの整数はmを法として合同であるといい、記号でa≡b(mod.m)と表す。たとえば、2を法として考えると、偶数どうしは合同であり、奇数どうしも合同であるが、偶数と奇数は合同ではない。すなわち、2を法として互いに合同なものをまとめると、整数全体が偶数全体と奇数全体に分類される。また、3を法として考えると、整数全体は、3の倍数全体、3で割ったとき余りが1の整数全体、3で割ったとき余りが2の整数全体の3種類に分類される。一般に、正の整数mを法として考えるとき、mで割ったときの余りの種類を考えればわかるように、整数全体はm種類に分類される。整数についての合同は、整数の性質を考えるうえでの一つの基本的な概念である。また、この種の合同は多項式どうしの合同にまで一般化されている。[柴田敏男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合同の言及

【三角形】より

…(1)~(5)における3直線の交点をそれぞれ三角形の内心,傍心,重心,垂心,外心といい,これらを総称して三角形の五心という(図7)。二つの三角形において,次の(1)(2)(3)のいずれかが成り立つとき,これら二つの三角形は合同となる。すなわち,一方の三角形を動かして他の三角形の上に重ね合わすことができる。…

【整数論】より

…整数論は,それらの整数の性質についての研究から始まるが,後に理論の発展とともに研究対象も広がっていった。この項目では,前半において整数の整除,合同などに関する初等的理論である初等整数論について述べ,後半で整数論の歴史を述べる。
【初等整数論】

[整除]
 二つの整数a,b(b≠0)に対して, aqbr (0≦r<|b|,|b|はbの絶対値) を満たす整数q,rがただひととおりに定まる。…

※「合同」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合同の関連キーワードグレート・ブリテン王国スプリングキャンプファミリーファンドI.W. エーベル個人加盟ユニオンウクライナ教会全国労農大衆党北國銀行[株]エキュメニズム橋本 富三郎ザ・ワリッカ日本版LLC世界教会運動スーパー麦蔵ミニゴードー国民民主党はっけよい独仏合同軍正二十面体ビッグマン

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合同の関連情報