コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシボセテ Ishbosheth; Eshbaal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシボセテ
Ishbosheth; Eshbaal

イスラエルの最初の王サウル (在位前 1020頃~10) の第 14子。旧約聖書の『サムエル記下』 (8・33) ,『歴代志上』 (8・33,9・39) に言及されている。本名はエシバアルであったが,死後改名された。父の死後,将軍アブネルによって王位につけられたが,ダビデの支配下にあった南部と対立したうえ,アブネルとの不和のために,在位2年間で暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android