コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスイククリ湖 イスイククリこozero Issyk-Kul'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスイククリ湖
イスイククリこ
ozero Issyk-Kul'

キルギス北東部にある塩湖。イスイククリはキルギス語で「熱い湖」の意。周囲 760km。東西に長く約 180km,最大幅 60km。面積 6200km2。湖面標高 1609m。最大水深 702m。塩分濃度 5.8‰。北岸のクンゲイアラタウ山脈,南岸のテルスケイアラタウ山脈から多数の急流が流入するが,流出する川はない。表層部の水温は1月2~3℃,7月 19~20℃で,結氷しない。ウグイ,コイなどの魚が多く,西岸に漁港ルイバチエがある。また沿岸は観光・保養地で,多くの保養センターがある。東岸の近くにあるカラコル (旧プルジェワリスク) と西岸のルイバチエがこの地方の中心になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イスイククリ湖の関連キーワードイスイククリ自然保護区テンシャン(天山)山脈スーイ・アーブイスイククリ州ナルイン川保養地ウグイ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android