コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソオイゲノール

栄養・生化学辞典の解説

イソオイゲノール

 C10H12O2 (mw164.20).

 香料として使われる食品添加物.バナナのようなフレーバーとして使う.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のイソオイゲノールの言及

【オイゲノール】より

…収量は10~20%。バニリンの重要な製造原料であり,これを苛性アルカリと加熱し,二重結合を転位させてイソオイゲノールとし,さらにオゾンまたはクロム酸で酸化してバニリンとする。カーネーション系香料などに用いられる。…

※「イソオイゲノール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イソオイゲノールの関連キーワードオイゲノールプロピオン酸ベンジルpクマル酸フコースラムノースオイゲノールオイゲノールヒノキチオールオイゲノールヒノキチオール

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android