コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタコルマイト itacolumite

1件 の用語解説(イタコルマイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

イタコルマイト

最初に17世紀にブラジルからヨーロッパに持ってこられた岩石で,カッセンディによって記載された[Cassendi : 1655, Eschwege : 1832].この岩石は片理の著しい珪岩で,ある程度の撓みやすさを持っており,石英粒の間に雲母,緑泥石,滑石が含まれている.変成岩と考えている研究者もいる[Pettijohn, et al. : 1975].ブラジルのイタコルミ(Itacolmi)地方に産出する.このような容易に曲げられる石はその後ブラジル,インドアメリカロシアフランスなどで産出が知られているが,地域にかかわらず曲がりやすい石英片岩を一般にイタコルマイトと呼んでいる.イタコルマイトは大部分が細粒の石英で,その間に白雲母が配列し,他に緑泥石,滑石などが含まれ,砂岩の変成した片状の変成岩と考えられている.岩石が曲がる原因は石英粒の間に存在する雲母と考えられているが,他にも様々な考えがある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタコルマイトの関連キーワードオーロックスパニエヨーロッパ共同体ヨーロッパ連合ヨーロッパトルコヨーロッパロシアインドヨーロッパ語族ユーロシマヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone