コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア協奏曲

デジタル大辞泉プラスの解説

イタリア協奏曲

ドイツの作曲家J・S・バッハのチェンバロのための協奏曲(1718-21)。原題《Concerto nach Italienischem Gusto》。正式名称は『イタリア趣味による協奏曲』。現在はチェンバロに加えてピアノで演奏されることも多い。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

イタリアきょうそうきょく〔‐ケフソウキヨク〕【イタリア協奏曲】

《原題、〈ドイツ〉Concerto nach Italienischem Gustoバッハクラビーア曲集。3楽章。1734年の作。1735年にクラビーア練習曲集第2巻として出版された。作者自身による原題は「イタリア趣味による協奏曲」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

イタリア協奏曲の関連キーワードバッハ:トッカータ ト長調/piano soloラルフ カークパトリック滝 廉太郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android