イネーブラー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

イネーブラー

PCカード用のデバイスドライバーソフトウェアで、カードサービスとアプリケーション(OSを含む)の間にあって、各種のカードごとに必要な設定をカードサービスに対してリクエストする役割を担っている(これを特に「カードサービスイネーブラー」と呼ぶ場合もある)。(カードサービス)イネーブラーには、汎用的に使用できる「コモンイネーブラー」(実際にはモデムカードぐらいしか対応しているものはない)や、Ethernetカード用、SCSIカード用といった専用イネーブラーの2種類がある。なお、ソケットサービスやカードサービスを経由せずに、直接PCカードコントローラーをドライブするように作られたデバイスドライバーを「ポイントイネーブラー」と呼ぶが、Plug and Playに対応できないなどのデメリットがあるため、最近ではあまり見かけなくなった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android