コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状況 じょうきょうsituation

翻訳|situation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

状況
じょうきょう
situation

古くはアリストテレス範疇の一つである「位置」がこれに相当するが,20世紀の実存哲学,特にサルトルの思想において重要な概念となった。特定の時と環境における人間存在の具体的な全体的関係をいう。状況は,環境が人間存在の行動を束縛する面と人間存在が環境を変えていこうとする自由との面から構成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

状況
じょうきょう
situation

外から観察、記述される客観的な環境とは区別された、人間がそれを生きざるをえず、また生きることによってのみ開示される場をいう。人間は宙に浮いた無世界的な主観ではなく、状況のうちでの存在である。そのことは、人間が状況のうちで制限され拘束されてしか行為することができない、という否定的な意味をもつだけではない。状況のうちでのみ人間は人間的自由の主体として存在することができるのである。状況は実存哲学の重要な概念である。ヤスパースは、人間によって変えることのできない状況――死、苦悩、争い、責め――を限界状況と名づけた。ハイデッガーにおいて、状況は本来的に実存する者にとってのみ開示される。サルトルは、状況を即自の偶然性と対自の自由との緊張関係のうちでとらえている。[細川亮一]
『サルトル著、松浪信三郎訳『存在と無』(1956・人文書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

状況の関連キーワードエンジニアリングレポート Engineering Reportスマートグリッド(次世代送電網)状況ディスインフレーション抜き差しならないシーソーポリシーRSSリーダー全国学力テスト全国学力調査入園の仕組み雇用動向調査発生予察事業実効通信速度職業紹介統計売買回転率撤退4条件壁越し推量営業報告書ポジション松浪信三郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

状況の関連情報