コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパティンガ イパティンガIpatinga

1件 の用語解説(イパティンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イパティンガ
Ipatinga

ブラジル南東部内陸,ミナスジェライス州東部の都市。州都ベロオリゾンテ東北東約 150km,ドセ川とピラシカバ川の合流点付近にある。西のイタビラ鉱山で採掘される鉄鉱石を原料とするウジミナス製鉄所が,1958年日本の協力によって建設されてから急速に発展した工業都市で,同製鉄所はその後数次にわたる拡張を経て,同国有数の大製鉄所となっており,生産された鉄鋼製品は日本へも輸出されている。州都と大西洋岸の港ビトリアを結ぶ鉄道が通る。人口 17万 9696 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone