イベリア山系(読み)イベリアさんけい(英語表記)Sistema Ibérico

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イベリア半島の中央に広がるメセタの東を限る山系。デマンダ山地から南東に,フカル川平地まで約 460kmに及び,カスティリア州とアラゴン,バレンシア両州との境界となっている。標高はモンカーヨ山地で 2313mに達する。ほかにセボリェラ山地 (2146m) ,クエンカ山地などが含まれる。南西のメセタ側はゆるやかで,北東のエブロ川河谷側は急斜面を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android