コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボタケ(疣茸) イボタケThelephora terrestris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イボタケ(疣茸)
イボタケ
Thelephora terrestris

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科。革質で薄い扇形の裂片が花弁状に重なって共通の基部で互いに合着している。表面はなめらかで材木色ないし黒褐色,放射状の皺と数個の環状の溝ができる。裏面は淡褐色で先の丸い細かな突起が多数ある。地上生。本州から九州にかけて分布する。同属の種には,ツブイボタケ,トサカイボタケ,モミジタケ,チチイボタケなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android