イムノグロブリン

  • immunogloblin
  • immunoglobulin

化学辞典 第2版の解説

免疫グロブリンともいう.血清グロブリンのうち,抗体と関係したタンパク質で,主としてγ-グロブリン画分に存在する.現在,5種類存在することが知られ,イムノグロブリン(Ig)G,M,A,D,Eと名づけられ,それぞれIgG,IgM,IgA,IgD,IgEと記される.このうちもっともよく研究されているものはIgGで,2本のL鎖(light chain)と2本のH鎖(heavy chain)とからなり,分子量1.6×105 で約2% の糖質を含む.短軸は約4 nm,長軸は約27 nm の分子である.H鎖とL鎖の先端部分が抗原認識部位でFab,これと反対側の尾部は補体等の結合にかかわるのでFc領域とよばれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android