インキジェット印刷(読み)インキジェットいんさつ(英語表記)ink jet printing

世界大百科事典 第2版の解説

インキジェットいんさつ【インキジェット印刷 ink jet printing】

圧力(印刷圧)を加えないで行う印刷方式の一種。インキの微細な粒子ノズルから噴射させ,印刷用紙上に打ちつけてドットパターンを形成することによって印刷を行う。印刷位置の移動は,ノズルを中心に構成された印字ヘッドを水平方向に送行させるか,あるいはヘッドを固定して用紙をドラムに巻きつけ回転させることによって行われる。インキ粒子の制御方法によって,荷電制御方式とオンデマンド方式とがあり,前者ではインキ粒子を連続的に噴射させながら信号パルスに応じて帯電させ,偏向電極の間を通過させて用紙上の所定位置に打ちつけ,不用な粒子はガターと称する回収器のほうへ収容することによりドットマトリックスを用紙上に形成する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android