コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴射 フンシャ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐しゃ【噴射】

[名](スル)
気体や液体を一定の方向へふき出させること。「蒸気を噴射する」
霧状にした燃料油を空気とまぜて爆発させ、その排気をふき出させること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんしゃ【噴射】

( 名 ) スル
勢いよく噴き出させること。
燃料の油などを霧状にして圧縮空気とまぜ、爆発させてその排気を続けて噴出させること。 「ロケットを-して人工衛星の軌道を修正する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

噴射の関連キーワード4G93(筒内噴射ガソリンエンジン:GDI)エレクトロニックフューエルインジェクションスチームインジェクション加熱フューエルインジェクションコモンレールECDスチームインジェクションディーゼルエンジンウオッシャーポンプインジェクションジェットプロペラ筒内噴射エンジンサーベイヤー計画プリンターヘッドウオーターピックアフターバーナースチームアイロンジェットフォイル直噴ディーゼルジェットルーム多段式ロケット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

噴射の関連情報