インクナビュラ

百科事典マイペディアの解説

インクナビュラ

グーテンベルクの活版印刷術の発明以来15世紀末までの半世紀間に,ヨーロッパ各地で刊行された初期活字本の総称。incunabula(ラテン語)は揺籃(ようらん)の意で,揺籃期本とも訳される。その数約4万種類1200万冊と称せられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android