インクレメンタリズム(英語表記)incrementalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インクレメンタリズム
incrementalism

インクレメント incrementは増加,増大という意味。漸変主義,増分主義などと訳される。政策決定にあたって過去の実績を尊重し,その漸増的修正によって変化を上積み分だけにとどめようとする行動様式をいう。これは,政策決定の合理主義的モデルに対する批判として,アメリカの C.リンドブロムが実際の政策決定者の行動様式を集約的に示すために用いた言葉である。彼が提示したインクレメンタリズム・モデルは,政策決定過程に適合した現実主義的なものとして高く評価されたが,その反面で現状追随的であると批判された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android