コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現実主義 ゲンジツシュギ

デジタル大辞泉の解説

げんじつ‐しゅぎ【現実主義】

現実を最重視する態度。理想を追うことなく、現実の事態に即して事を処理しようとする立場。リアリズム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんじつしゅぎ【現実主義】

現実を重視する態度。リアリズム。
理想やたてまえにこだわらず、現実に即応して事を処理しようとする態度。リアリズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の現実主義の言及

【写実主義】より

…原語はラテン語のレアリスrealis(実在の,現実の)から派生した言葉だが,哲学用語としてはふつう〈実在論〉と訳され,概念こそが実在であると主張する中世の哲学説はとくに〈実念論〉とも訳される。さらに,一般には〈現実主義〉といった訳語も用いられるが,文学や美術などの分野では〈写実主義〉という訳語があてられている。
[文学における写実主義]
 文学に適用された場合の〈リアリズム〉〈写実主義〉という用語は,広い意味では,現実の模写・再現を重んずる文学制作上の立場,あるいはその結果として生ずる作品の特質を指す。…

※「現実主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

現実主義の関連キーワードカヴァレリア・ルスティカーナF. ゴンサレス・マルケスカバレリアルスティカーナアンドレア・シェニエエイナル クバーランリアルポリティックスアントニ タピエスシュールレアリスムサン・ポル・ルーマイラ タルビオリアリスティックアレイクサンドレ三酔人経綸問答ネオレアリズモ沖縄自由民主党サンチョパンサマキャベリズムモダンアートアバンゲールポシビリスト

現実主義の関連情報