コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスリンレセプター基質

栄養・生化学辞典の解説

インスリンレセプター基質

 インスリン受容体基質ともいう.インスリンがインスリンレセプターに結合すると,インスリンレセプターのチロシンキナーゼが活性化され,他のタンパク質をチロシンリン酸化するが,その場合の基質となるタンパク質の一つで,IRS-1,IRS-2などが知られている.分子量180〜200k.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

インスリンレセプター基質の関連キーワードホスファチジルイノシトール3ホスホチロシン腫瘍壊死因子

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android