インテンデンシア(英語表記)intendencia

世界大百科事典 第2版の解説

インテンデンシア【intendencia】

18世紀,スペイン・ブルボン王朝が行政改革の一つとして自国および植民地に導入した制度またはそれに基づく管轄地。フランス王制期のアンタンダンス(アンタンダン)にならったもの。カルロス3世は植民地行政の中央集権化,植民地官吏(コレヒドールなど)の職権乱用の防止と植民地からの収入増加を目的として,1764年にキューバ,84年にリマ,86年にヌエバ・エスパニャ(メキシコ)に設置。インテンデンシアを統轄する官吏はインテンデンテと呼ばれ,スペイン生れの者に限られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインテンデンシアの言及

【副王制】より

…その下位に総督領(ゴベルナシオン)とか地方(プロビンシア)が位置し,さらにそれはコレヒミエントcorregimientoやアルカルディア・マヨールalcaldia mayorに細分され,最下部にカビルドもしくはアユンタミエントと称される市参事会統轄の町があった。もっとも18世紀後半,ブルボン朝支配下,とくに財政の効率化を目的としてインテンデンシア制intendenciaが導入された結果,コレヒミエントやアルカルディア・マヨールは廃止された。副王やアウディエンシアは植民国家スペインを直接代表するもので中央権力に直属しており,大都市やその近郊では絶大なる権勢を誇った。…

【副王制】より

…その下位に総督領(ゴベルナシオン)とか地方(プロビンシア)が位置し,さらにそれはコレヒミエントcorregimientoやアルカルディア・マヨールalcaldia mayorに細分され,最下部にカビルドもしくはアユンタミエントと称される市参事会統轄の町があった。もっとも18世紀後半,ブルボン朝支配下,とくに財政の効率化を目的としてインテンデンシア制intendenciaが導入された結果,コレヒミエントやアルカルディア・マヨールは廃止された。副王やアウディエンシアは植民国家スペインを直接代表するもので中央権力に直属しており,大都市やその近郊では絶大なる権勢を誇った。…

※「インテンデンシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android