コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド航路 インドコウロ

大辞林 第三版の解説

インドこうろ【インド航路】

ヨーロッパとインドとを直結する航路。バスコ=ダ=ガマがリスボンから喜望峰を回り1498年カリカットへ到達したことにより開拓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インド航路の関連キーワードカブラル(Pedro Álvares Cabral)ジェームズタウン(イギリス領セント・ヘレナ島)リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔マヌエル(1世)(ポルトガル王)ザンジバル島のストーンエウドクソス[キュジコス]マヌエル1世(幸運王)ゴアの教会群と修道院群ジョアン2世(完全王)ウス・ルジーアダスジェロニモス修道院マヌエル[1世]サンタ・マリア号セントヘレナ島レバント貿易ポートルイスケープタウンアフリカの女ベレンの塔カモンイス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android