がま(読み)ガマ

岩石学辞典の解説

がま

脈の中で十分に充填されていない空洞で,一般に鉱物は周囲の岩石とは異なった組成で覆われている[Arkell & Tomkeieff : 1953].“がま”は地中の空洞の俗語.

がま

晶洞

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のがまの言及

【晶洞】より

…岩石や鉱脈の中に生成している空洞をいい,鉱山などでは俗称で〈がま〉ともいわれる。岩石の生成後に別の地質作用による特定の成分の分別によって空洞を生ずる場合もあるが,この場合は異質晶洞と呼ぶ。…

※「がま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がまの関連情報