コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がま ガマ

岩石学辞典の解説

がま

脈の中で十分に充填されていない空洞で,一般に鉱物は周囲の岩石とは異なった組成で覆われている[Arkell & Tomkeieff : 1953].“がま”は地中の空洞の俗語.

がま

晶洞

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

がま

「晶洞しようどう」をいう鉱山用語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のがまの言及

【晶洞】より

…岩石や鉱脈の中に生成している空洞をいい,鉱山などでは俗称で〈がま〉ともいわれる。岩石の生成後に別の地質作用による特定の成分の分別によって空洞を生ずる場合もあるが,この場合は異質晶洞と呼ぶ。…

※「がま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

がまの関連キーワード草刈り鎌・草苅り鎌・草刈鎌煩悩の犬は追えども去らず和歌山県和歌山市和歌浦中沖縄県宮古島市下地来間埼玉県飯能市中藤上郷外罐・外釜・外缶釜始め・釜初め態とがましい廃熱ボイラー隔てがましい特定保守製品電気炊飯器蝦蟇・蝦蟆両国八景火打ち金炭焼き窯しおがま降魔の相下妻長政馬放島

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がまの関連情報