コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がま ガマ

デジタル大辞泉の解説

がま

穴。洞窟。沖縄地方や鹿児島などの方言。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

がま

脈の中で十分に充填されていない空洞で,一般に鉱物は周囲の岩石とは異なった組成で覆われている[Arkell & Tomkeieff : 1953].“がま”は地中の空洞の俗語.

がま

晶洞

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

がま

「晶洞しようどう」をいう鉱山用語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のがまの言及

【晶洞】より

…岩石や鉱脈の中に生成している空洞をいい,鉱山などでは俗称で〈がま〉ともいわれる。岩石の生成後に別の地質作用による特定の成分の分別によって空洞を生ずる場合もあるが,この場合は異質晶洞と呼ぶ。…

※「がま」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

がまの関連情報