コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インバスケット法 インバスケットほうin-basket method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インバスケット法
インバスケットほう
in-basket method

管理者の決裁能力を高めるための訓練方法の一つ。管理者が日常おかれている状況に似た場面を設定し,それを決裁書類としてインバスケット (未決箱) に入れておき,受講者はそれらの書類につき次々と意思決定を行い,それらをアウトバスケット (既決箱) に入れていく。比較的短時間 (30~45分) の間に,比較的多量 (20~30通) の書類を処理させる。これにより読解力,判断力決断力などを高めることをねらいとしている。受講者はまず個人で書類の処理を行い,次にそれに基づいて集団で討議し,さらにその結果を全体討議にかけて相互啓発を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

インバスケット法

インバスケット法とは、意思決定が必要となる案件を一定時間内に大量に処理させる訓練技法のこと。時間内にどれだけの案件を処理できたかという生産性ほか、分析力・判断力・部下育成の意識・ストレス耐性など、多角的に評価を行う。 意思決定能力を伸ばすために研修で使用されるほか、管理職としての適正を診断するための昇格試験やアセスメント研修などに使用される。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

インバスケット法の関連キーワードケーススタディ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android