コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーカー īqā`

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーカー
īqā`

複数形は īqā`ātでリズムを意味するアラビア語。アラブ古典音楽では,リズム周期の型をさす。元来リズムは詩の韻律法によってとらえられ,理論づけられた。つまり分割しうる最小の時間単位を2種仮定し (長短の音節) ,そのいろいろな組合せ方によってリズム型がいくつか生れる。各リズム型は決った数の単位から成り,アクセントの配置,および休符の置き方によって性格づけられる。これがいくつかの異なった音色を出す太鼓で強調されて,間断なく反復され,この上に旋律が乗る。このいわばリズミック・モードは9世紀には8種あったが,16世紀になるとペルシアやトルコ起源のものを加えて,20種をこえた。なおトルコではこのリズム周期をウスールと呼ぶ。現在のアラビア音楽理論では,92種のイーカートがある。また,イーカーは,イーカートより単純なリズム型のことをさす地域があり,エジプトのアラビア古典音楽では,そうした区別をしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イーカーの関連キーワードトルコ音楽アラブ音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android