長短(読み)チョウタン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐たん〔チヤウ‐〕【長短】

長いことと短いこと。また、長さ。
長所と短所。「長短併せ持つ」
余ることと足りないこと。「長短相補う」

なが‐みじか【長短】

長いことと短いこと。また、長さがまちまちであること。ちょうたん。
「―に挿した線香の細い煙が」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうたん【長短】

ながいこととみじかいこと。また、ながいものとみじかいもの。 「日本刀といっても-さまざまだ」
ながいか、みじかいか。ながさ。 「距離の-をくらべる」
長所と短所。
余っている所と足りない所。 「 -相補う」

ながみじか【長短】

長いことと短いこと。長さがふぞろいなこと。ちょうたん。 「宵の雨しるや土筆の-(闇指)/続猿蓑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐たん チャウ‥【長短】

〘名〙
① ながいこととみじかいこと。また、長さ。
※文華秀麗集(818)下・故関聴鶏〈嵯峨天皇〉「烽火不伝罷関城、唯余長短暁鶏声」
※今昔(1120頃か)六「人の命の長短を知る事、掌を指すが如し」 〔孟子‐梁恵王・上〕
② 長所と短所。得手と不得手。また、よしあし。優劣。
※古今(905‐914)真名序「然長短不同、論以可弁」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「人物の長短、時務の得失」 〔史記‐酷吏伝・成〕
③ 余ることと足りないこと。有余と不足。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「或は其長短相償ふてこれが左の双方の争論も和することあらん」

なが‐みじか【長短】

〘名〙
① 長いことと短いこと。長いものと短いもの。また、長さのそろっていないこと。ちょうたん。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「ながみじか知らざる程の連歌師が功者に逢ふて長競べする」
※小鳥の巣(1910)〈鈴木三重吉〉下「長短(ナガミジカ)に挿した線香の細い煙が」
② 長い刀と短い刀。大刀と小刀。大小。
※俳諧・誹讔三十棒(1771)「長短(ながミジカ)も差たれど、刀は中の町ぎりにしまひ、壱本ざしになり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長短の言及

【散調】より

…朝鮮の独奏楽器のための楽曲形式で,独特のリズム型(長短(チヤンダン))にもとづく数個の楽章からなり,一般に杖鼓の伴奏がつく。19世紀後半に,全羅南道出身の金昌祚(1865‐1920)が散調としての音楽を確立したといわれるが,その楽曲構造や独特の旋律や器楽的な技巧の類似から,全羅道に古くから伝わる巫楽(シナウィ)という即興的に演奏される器楽合奏の影響を受けて発展させた音楽といえる。…

※「長短」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長短の関連情報