コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーストリバプール East Liverpool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーストリバプール
East Liverpool

アメリカ合衆国,オハイオ州東部の都市。オハイオ川の上流にのぞみ,ピッツバーグカントンヤングズタウンからほぼ等距離に位置する。町の起源は 1798年,アイルランド生れのクェーカー教徒 T.フォーセットが定住したのが始り。アメリカ有数の陶器の産地。近くの丘陵地帯にイギリスのスタッフォードシャー出身の陶工 J.ベネットが粘土を発見し,最初の窯を築いたのが陶業の起り (1840) 。最初は黄色い陶器を産したが,次いで白い陶器の生産に成功,1890年代には磁器製造も行えるようになった。その他,鋼,アスファルトの屋根ぶき材料などの製造工業も立地。ケント州立大学の分校がある。人口1万 3654 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イーストリバプールの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android