コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウァレンティニアヌス[3世] Flavius Placidus Valentinianus III

1件 の用語解説(ウァレンティニアヌス[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンティニアヌス[3世]【Flavius Placidus Valentinianus III】

419‐455
ローマ帝国西帝。在位425‐455年。ホノリウス帝死後ローマ市に立った簒奪帝ヨハンネスが東ローマ軍に倒されたのち,6歳で西帝となる。母ガラ・プラキディアの後見を受けていたが,ゲルマン諸族が帝国西部を蹂躙する時代にあって,統治の実権は有能な武将アエティウスに奪われた。454年そのアエティウスみずからの手で殺害し,統治権を回復すべく精力的に行動したが,翌年アエティウスの部下により殺害された。【後藤 篤子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウァレンティニアヌス[3世]の言及

【ガラ・プラキディア】より

…ローマ帝国の皇女。テオドシウス1世とウァレンティニアヌス1世の末娘ガラとの間に生まれ,父帝の死(395)後はスティリコとその妻セレナの養育に託された。408‐409年ローマ市を脅かしていた西ゴートの手中に落ち,410年8月西ゴートのローマ市略奪後,捕虜として連れ去られる。…

【ローマ】より

…この時期の主要な対外問題はササン朝であった。次に帝国を担ったのはウァレンティニアヌス1世(在位364‐375)とその弟ウァレンス(在位364‐378)で,この時期の危機は北方国境にあり,ウァレンスは侵入した西ゴート族に敗れ(378),遺体もみつからなかった。ウァレンティニアヌスの息子グラティアヌス(在位367‐383)を補佐したテオドシウス1世(在位379‐395)は,西ゴートを国境外に追えないと悟り,彼らにトラキア管区の北部2州に防衛義務と交換に定住地を与えた。…

※「ウァレンティニアヌス[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウァレンティニアヌス[3世]の関連キーワードアルカディウス神聖ローマ帝国大秦西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンテオドシウス古代ローマ帝国中世ローマ帝国ローマンブリテン

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone