コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウアンボ州 ウアンボHuambo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウアンボ〔州〕
ウアンボ
Huambo

アンゴラ中西部にある内陸の州。州都はウアンボ。州名,州都名はポルトガル支配時代にはノバリスボアと呼ばれていたが,独立後現在名に改称。国内最高点のセラモコ山 (2619m) があり,山麓はコーヒー栽培や牧畜の適地。大西洋岸のロビト港から北東に向ってコンゴ民主共和国と連絡するベンゲラ鉄道がウアンボ市を通過しており,陸運の中心をなす。独立前後にポルトガルの移民多数が本国に引揚げた。面積3万 4274km2。人口 156万 2000 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android